新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言やまん延等防止措置により、都心等では外出が控えめになると思われますが、セカンドハウスや保養所として所有する人や法人が多いリゾートマンションでは、連休をのんびり過ごそうとする方々で混雑する可能性があります。専有部分の空間は所有者等で過ごすのでクラスターのリスクは少ないでしょうが、レストランやキッズルーム、スポーツルーム、カラオケルーム、大浴場、サウナ等の共用部分は密にならない工夫、場合によっては閉鎖や人数制限を管理組合理事会で検討する必要があると思います。