マンション管理組合様が抱える様々な問題解決をサポートします
座談コーナー
  • HOME »
  • 座談コーナー

湯沢町で出会い、町の将来、マンションの将来を考える人達とお話ししたマンション管理に関することをお伝えするコーナーです。

専有部分の火災保険加入について
マンションの共用部分は管理組合が火災保険に加入します。専有部分は、各区分所有者(お部屋の持ち主)が各自加入することとなります。火災は失火責任法により、重過失がなければ類焼者に損害賠償責任は発生しません…続き
専用使用権とは
マンションには、専有部分(区分所有者のお部屋)と共用部分があります。窓枠、窓ガラス、玄関扉(錠と内部塗装部分は専有部分)は共用部分となります。共用部分のうち、…続き
監事は総会で選ぶのですか
…続き
管理組合の役員報酬は?
報酬については、それぞれの管理組合運営の事情にによって異なります。輪番制で役員をする場合は、無報酬で公平性が保たれますが、リゾートマンションや投資型マンションのように役員のなり手が少ないような場合は、…続き
長期修繕計画書は必要なの?
≪長期修繕計画書作成のメリット≫ (1)『合理的な計画修繕の実施』 a.場当たり的な修繕ではなく、計画的に修繕を実施できる。 …続き
管理費滞納が問題になっている
区分所有者から徴収する管理費等の滞納が長期化すると、管理組合会計の収支が圧迫され、管理業務・組合運営・資産の保全に重大な影響があります。未収金の徴収は積極的な対応が必要です。

【督促方法…続き

自宅兼事務所はOK?
標準管理規約コメントは、「住宅としての使用は、専ら居住者の生活の本拠があるか否かによって判断する。したがって利用方法は、生活の本拠であるために必要な…続き
民泊、どう考える?
民泊のメリットは、空き家や空き部屋を有効活用できる、設備投資にお金がかからない、観光拡大、地域の活性化、ゲストが土地の文化や生活を体験できるなどです。一方、デメリットは、部屋の汚損、設備破損の可能性、…続き
管理規約のホルダーをいただいたけど・・・。
マンション管理規約は、それぞれのマンションの最高自治規範です。区分所有者(部屋の持ち主)はもちろん、ご家族や同居人、賃貸人などお部屋を使用する人は管理規約を守らなければなりません。

大規模修繕工事は何年ごとですか
マンションの構造により、おおむね12年~15年で実施します。長期修繕計画の内容を目安に、専門家の調査・診断結果に基づいて検討します。新築マンションの場合は請負人から売主に引渡しの時から10年間(特約で…続き
1 2 »
PAGETOP
Copyright © マンションコンサルタント大竹 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.